11月は児童虐待防止推進月間

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます
このページの情報をラインでシェアできます

ページID1010239  更新日 令和2年10月28日

印刷 大きな文字で印刷

イベントカテゴリ: 子供・保護者向け

189(いちはやく) 知らせて守る こどもの未来※

 市では、11月の児童虐待防止推進月間にひとりでも多くの方が児童虐待防止のために何ができるかを考え、行動につなげていけるよう、「児童虐待防止・オレンジリボンキャンペーン」や啓発事業を実施します。

 本年4月からは昨年6月に成立した児童福祉法等改正法が施行されしつけにおける体罰についても禁止とされています。「しつけのつもり」の体罰はそれ自体が虐待であったり、虐待にエスカレートしたりすることがあります。また脳の発達に深刻な影響を及ぼすとも言われています。

 虐待かな…と思ったら、ためらわずにご連絡ください。通告は子どもを守るだけでなく、家庭の支援につながります。子どもを虐待から守るためには、まず一人ひとりが児童虐待に対する意識を高めることが重要です。周囲の子どもたちに関心を持ち、社会全体で子育て世代を見守り、応援していきましょう。

 ※189番は児童相談所全国共通ダイヤルです。

開催期間

令和2年11月1日(日曜日)から令和2年11月30日(月曜日)まで

体罰は法律で禁止されています

 しつけだとしても体罰は禁止されています。

 言うことを聞かないので叩いた、長時間無理やり正座させた、罰として夕食を与えなかった

⇒すべて虐待にあたります。

子どもの前での夫婦喧嘩や配偶者暴力(DV)

 子どもへの心理的虐待にあたる場合がありますのでやめましょう。

 体罰と同じく、子どもの成長に悪影響を与える可能性があります。

児童虐待防止講演会(中止)

 今年度はコロナの感染防止の観点から、講演会については中止とします。

子ども向け児童虐待防止啓発動画を作成しました

 子ども家庭支援センターの職員を中心に動画の制作をおこないました。

 児童虐待とは何か、困ったときはどこに相談したらいいかを、寸劇やスライドでの説明を通してわかりやすくお伝えします。

 お子様だけでなく、保護者の皆様もぜひご覧ください。

オレンジリボンキャンペーン

 オレンジリボンには、児童虐待を防止するというメッセージが込められています。

 児童虐待防止推進月間中、子ども家庭支援センターはじめ、日野市役所の職員は、オレンジリボンを名札に付けて啓発活動を行います。

児童虐待防止推進パネル展示

 児童虐待防止啓発事業として、市役所1階壁面と七生支所にて虐待防止についてのパネルを月間中に展示いたします。

市役所1階ロビー
11月2日(月曜日)~11月30日(月曜日)
七生支所展示スペース
11月2日(月曜日)~11月30日(月曜日)

LINE相談(LINE公式アカウント名 子ゴコロ・親ゴコロ相談@東京)

LINE友だち追加アイコン

 東京都では、児童虐待を防止するため、LINEを利用した子どもや保護者からの相談窓口を開設しています。 子育ての悩みや困っていることなど、ひとりで抱え込まず、気軽に相談してください。

日時 平日午前9時00分~午後9時00分 ※土曜・日曜日、祝日は午後5時00分まで

問い合わせ先 東京都福祉保健局少子社会対策部計画課

電話 03-5320-4137

子どもに知っておいてほしいこと

  • 保護者(ほごしゃ)子ども(こども)叩いたり(たたいたり)怒鳴ったり(どなったり)してはいけないよ
  • 子ども(こども)は「やめて」と言って(いって)いいし、近く(ちかく)信頼(しんらい)できる大人(おとな)相談(そうだん)していいんだよ
  • 大人は虐待(ぎゃくたい)受けて(うけて)いるかもしれない子ども(こども)見つけたら(みつけたら)助ける(たすける)ことになっていよ
  • 子ども(こども)気持ち(きもち)大切(たいせつ)にしながら、安心(あんしん)して暮らせる(くらせる)ように子ども(こども)家庭(かてい)支援(しえん)センター(せんたー)児童(じどう)相談所(そうだんじょ)など、たくさんの(ひと)お手伝い(おてつだい)するよ

こんな時は、子ども家庭支援センターにご連絡ください

話してほしい あなたの気持ち

  • イライラして、つい、子どもに当たってしまう
  • 自分の子どもなのにかわいいと思えない
  • 夫は仕事で忙しくて、何もかもひとりでやっている。話せる相手もいなくて、つらい
  • 子育てがうまくいかない。自分を責めてしまう
  • 一緒に住んでいる人が、子どもを虐待している気がする

気づいてほしい 子どもと保護者のSOS

  • 子どもの泣き叫ぶ声が頻繁に聞こえる
  • 子どもが夜遅くまで遊んでいる
  • 親が子どもに大声でどなったり、暴言を吐いたりしている
  • 学校や幼稚園、保育園を理由もなく休みがち
  • 子どもがけがをしたり、病気になったりしても医者に連れて行かない

 

子ども家庭支援センター(高幡)

電話 042-599-6670

電話 042-599-5454(虐待相談専用電話)
 

地域子ども家庭支援センター万願寺

電話 042-586-1312

電話 042-586-1171(相談電話)
 

地域子ども家庭支援センター多摩平はぴはぴ

電話 042-589-1260

電話 042-589-1262(相談電話)

イベント情報をGoogleカレンダーまたはiPhone・iPad端末のカレンダーに取り込めます。
カレンダーへの取り込みについて説明を読む

このページに関するお問い合わせ

子ども部 子ども家庭支援センター
直通電話:042-599-6670
ファクス:042-599-6671
〒191-0031
東京都日野市高幡1009の4
子ども部子ども家庭支援センターへのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。