現在、子宮頸がん予防ワクチンの接種を積極的にはお勧めしていません

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます
このページの情報をラインでシェアできます

ページID1003928  更新日 平成30年3月5日

印刷 大きな文字で印刷

平成25年6月14日に厚生労働省から、子宮頸がん予防ワクチンについて、ワクチンとの因果関係を否定できない持続的な痛み等の副反応が接種後に特異的に見られたことから、適切な情報提供ができるまでの間、積極的な接種の勧奨を控えるよう勧告がありました。
定期接種を受けるにあたっては、その有効性と接種による副反応のリスクを十分に理解した上で受けるようにしてください。
また市は、市内の医療機関に対して、積極的な勧奨を行っていないことを伝えるとともに、有効性及び安全性等について十分に説明した上で接種するよう周知しております。
今後、国において副反応症例について速やかに専門家による評価を行い、積極的な勧奨の再開の是非を改めて判断する予定です。

参考

Adobe Readerのご案内

PDFファイルをご覧いただくには、「Adobe(R) Reader(R)」が必要です。お持ちでない方はアドビシステムズ社のホームページ(新しいウィンドウ)からダウンロード(無料)してください。

プリントサービスのご案内

ご自宅にプリンタなどの印刷機器をお持ちでない方は、お近くのコンビニエンスストアなどのプリントサービスを利用して申請書等を印刷することができます。詳細はプリントサービスのご案内ページをご覧ください。

このページに関するお問い合わせ

健康福祉部 健康課
直通電話:042-581-4111
ファクス:042-583-2400
〒191-0011
東京都日野市日野本町1丁目6番地の2 生活保健センター
健康福祉部健康課へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。