学校給食における日野産農産物の利用に関する資料

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます
このページの情報をラインでシェアできます

ページID1004275  更新日 平成30年2月27日

印刷 大きな文字で印刷

地元野菜利用校数と児童生徒数

平成26年度 25校で13,489人分
(内訳)
小学校 17校(児童数9,245人)
中学校 8校(生徒数4,244人)

地区別利用校内訳

平山地区 9校
東光寺地区 8校
堀之内地区 8校 合計25校

参加農家数

平山地区 16農家
東光寺地区 18農家
堀之内地区 10農家 合計44農家

年間供給額野菜等

平成26年度

地区 学校数 供給量
平山地区

9校

37,352キログラム

東光寺地区

8校

11,711キログラム

堀之内地区

8校

14,045キログラム

25校

63,108キログラム

平成25年度

地区 学校数 供給量
平山地区

9校

28,005キログラム

東光寺地区

8校

12,888キログラム

堀之内地区

8校

13,699キログラム

25校

54,592キログラム

鶏卵

年度 学校数 供給量
平成26年度

25校

21,824キログラム

平成25年度

25校

22,097キログラム

りんご(百草万蔵院台)

年度 学校数 供給量
平成26年度

25校

5,063キログラム

平成25年度

25校

5,313キログラム

学校給食における日野産野菜等利用率の目標は「平成23年度=25パーセント」

「第二期日野市食育推進計画」では日野産野菜利用率を25パーセントとすることを目標値として定めています(平成26年度の利用率は約21.3パーセント)。今後、日野市では、現在参加している農業者の数(現在は44)を増やすとともに、契約栽培制度の拡充を図り、より多くの日野産野菜が児童・生徒の給食に届き、この制度がいつまでも続くように進めていきます。

日野産米について

学校給食米の供給
農協契約分 1140キログラム
生産者団体契約分 853キログラム

日野産大豆について

平成26年度収穫量約47キログラムのうち40キログラムを市内豆腐店の協力を得て、学校給食用の豆腐として加工し、供給。

学校給食用野菜等供給事業補助金

児童・生徒の健康に配慮し、農薬及び化学肥料の使用量を低く押えて生産した野菜等を納入することや、清潔な物資の運搬をするための事業(市単独事業)。

  • 予算額 320,000円
  • 内容 堆肥や運搬用の容器ほか

衛生管理

生産者の検便を実施

児童・生徒と農家の方との交流

日野市内の小中学校では、学童農園、社会人講師、農家訪問、給食試食会など、各学校の特色を生かした交流が行われており、地域の中に根ざした生きた教材になっています。

契約栽培品目の設定

学校給食野菜等の安定的な供給を図るために、平成17年度から始まりました。この制度では、あらかじめ学校が利用予定量を提示し、この量を農業者が生産し、学校側が確実に注文し、買い取るものです。平成17年度のにんじんに始まり、以降長ネギ、リンゴ、キャベツ、だいこんと契約栽培品目を増やしています。納品量に対して補助金を1キロ当たり60円、市から交付しています(りんごは1キロ当たり40円)。

平成26年度供給量

品目

供給量

りんご

5,063キログラム(前年度5,331キログラム)

にんじん

10,232キログラム(前年度9,883キログラム)

長ネギ

8,375キログラム(前年度6,220キログラム)

キャベツ

4,275キログラム(前年度2,897キログラム)

ダイコン

8,050キログラム(前年度7,857キログラム)

玉ねぎ

3,872キログラム(前年度4,280キログラム)

じゃがいも

11,356キログラム(前年度5,135キログラム)

このページに関するお問い合わせ

教育部 学校課
直通電話:学務係 042-514-8719 教職員係 042-514-8723 指導係 042-514-8728 保健給食係 042-514-8749
代表電話:042-585-1111
ファクス:042-583-9684
〒191-8686
東京都日野市神明1丁目12番地の1 日野市役所5階
教育部学校課へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。