平成30年3月31日までに、一定の熱損失防止(省エネ)改修工事を行った住宅は、申告により固定資産税が減額(住宅1戸あたり120平方メートル相当分までに限る)されます。

要件

次の全てに該当するもの

  1. 平成20年1月1日以前に建てられた住宅(賃貸を除く)
  2. 床面積が50平方メートル以上であること
  3. 省エネ基準を満たす工事で窓の改修工事及びそれと併せて行う床、天井、壁(外気等と接する部分に限る)断熱工事
  4. 補助金等を除く自己負担金が50万円を超える改修工事 

内容

工事が完了した年の翌年度分に限り、改修工事を行った家屋の固定資産税額の3分の1(120平方メートル相当分を上限)を減額

注意

バリアフリー改修に伴う固定資産税減額措置と同時適用可。

申請手続

 提出書類
  1. 住宅の熱損失防止(省エネ)改修に伴う固定資産税減額申告書 [130KB pdfファイル] 
  2. 熱損失防止改修が行われたことの証明となる熱損失防止改修工事証明書 [165KB pdfファイル] (地方税法施行規則附則第7条第8項第2号の規定に基づく証明)
  3. 改修工事内容の見積書または内訳書
  4. 熱損失防止改修に要した費用を証する書類
  5. 補助金等の明細の写し
提出時期

熱損失防止(省エネ)改修完了日から3ヵ月以内に提出してください。

受付窓口

日野市役所 市民部 資産税課 本庁1階 月曜日から金曜日 午前8時30分から午後5時15分