1 一部事務組合「浅川清流環境組合」の発足

ごみ処理の広域化に伴い、日野市、国分寺市、小金井市でごみ処理施設の設置及び運営を共同して行うことを目的とした一部事務組合「浅川清流環境組合」が平成27年7月1日に発足し、管理者に日野市長、副管理者には国分寺市長及び小金井市長が選任されました。
また、同日、組合議会が開催され、組合及び組合議会の運営に必要な条例や規則が議決されました。

 

2 新可燃ごみ処理施設の概要

これまでに皆様からいただいた意見を反映し、下記のとおり進めてまいります。
 

施設概要
所在地 日野市石田一丁目210番地の2
敷地面積 約1.1ヘクタール
施設規模 228トン/日(114トン/日×2炉)
主な建築物等 工場棟(高さ34メートル以下)、煙突(高さ85メートル)


 

 

 

 

 

 

また、新施設の排ガス基準値は、全国トップレベルの厳しい基準としております。

 

排ガス濃度自主規制値(計画設定値)
 項目

新施設の

自主規制値

法律(※1)

現在の施設の

自主規制値

ばいじん g/㎥N以下 0.005 0.04 0.04
硫黄酸化物 ppm以下 10 930 30
窒素酸化物 ppm以下 20 250 150
塩化水素 ppm以下 10 430 150
ダイオキシン類 ng-TEQ/㎥N以下 0.01

現在の施設:1

新施設:0.1

0.5
水銀 mg/㎥N以下 0.05

※1:大気汚染防止法、ダイオキシン類対策特別措置法による規制値

 

3 今後の予定

新可燃ごみ処理施設の本格稼動を目指して、下記の予定で事業を進めていきます。

 今後の予定 [76KB pdfファイル] 

4 浅川清流環境組合に関する問い合わせ先

浅川清流環境組合  電話042・589・0555