こんな時には届け出を

国民健康保険に入るとき、やめるときは必ず市役所に届け出てください。

お勤め先の健康保険に入ったときなど、会社から日野市に連絡はありませんので、必ずご本人から国保をやめる届け出が必要です。

あなたの世帯で下表のような異動があったときは、必ず14日以内に届け出てください。
※基本的には届出した窓口で保険証を交付しますが、届出の内容により市民窓口課や七生支所で保険証の交付ができない場合があります。

届け出が遅れると

国民健康保険は日野市に転入した日、または、それまで入っていた健康保険の資格がなくなった日が加入日となります。加入日を任意に選ぶことはできません。加入の届け出が遅れても資格はさかのぼって取得され、保険税もその月から遡及して課税されることとなります。

但し、加入の届け出が遅れると、日野市の国民健康保険加入日以降届出をするまでに医療機関の診療を受け医療費を全額支払った場合、届出ができなかった特別な理由がない限り、保険の給付を受けることができません。

また、日野市の住民でなくなったり、他の公的な健康保険に加入したときなどは、日野市の国民健康保険をやめることになります。やめる日も任意に選ぶことはできません。国民健康保険をやめる届け出が遅れても資格はさかのぼって喪失され、資格がなくなった後、国民健康保険を使って医療機関の診療をはじめとする各種給付を受けた分(市が医療機関に支払った医療費など)全てを返還していただくことになります。
 

届出一覧表

こんなとき

手続きに必要なもの

保険証の

届出窓口

日野市の国民健康保険に加入するとき

日野市に転入したとき
(前住所地で国保だった方)

住民登録の異動の手続きが必要です

転入手続きのページへ

市民窓口課、七生支所

 

他の健康保険をやめたとき

資格喪失証明書または退職証明書、認印、本人確認ができるもの(※1)、個人番号(マイナンバー)が確認できるもの(※2)

国民健康保険異動届へ

保険年金課、七生支所

生活保護を受けなくなったとき

生活保護廃止決定通知書、認印、本人確認ができるもの(※1)、個人番号(マイナンバー)が確認できるもの(※2)

国民健康保険異動届へ

保険年金課、七生支所

子供が生まれたとき

世帯主の振込口座のわかるもの、認印、本人確認ができるもの(※1)

(先に市民窓口課もしくは七生支所での出生届が必要です)  

出産育児一時金のページへ

保険年金課、七生支所

 

日野市の国民健康保険をやめるとき

日野市から転出するとき

住民登録の異動の手続きが必要です

転出手続きのページへ

市民窓口課、七生支所

お勤め先の健康保険に加入したとき、被扶養者となったとき

お勤め先の健康保険証(国保をやめる人全員分)、国民健康保険証、認印 、本人確認ができるもの(※1)、個人番号(マイナンバー)が確認できるもの(※2)

国民健康保険異動届へ

保険年金課、七生支所

生活保護を受けるとき

生活保護開始決定通知書、国民健康保険証、認印、本人確認ができるもの(※1)、個人番号(マイナンバー)が確認できるもの(※2)

国民健康保険異動届へ

保険年金課、七生支所

死亡したとき

国民健康保険証、認印(先に市民窓口課もしくは七生支所での死亡届が必要です) 

葬祭費のページへ

保険年金課、七生支所

その他

住所、氏名、世帯主が変わったとき

世帯を分けたり、一緒にしたとき

住民登録や戸籍の異動の手続きが必要です

住民票・戸籍・印鑑登録のページへ

市民窓口課、七生支所

保険証を紛失、破損したとき

認印、汚損・毀損・破損の場合はその国民健康保険証、本人確認ができるもの(※1)、個人番号(マイナンバー)が確認できるもの(※2)

保険証の再交付のページへ

保険年金課

退職者医療制度に該当したとき

国民健康保険証、年金証書、認印 、本人確認ができるもの(※1)、個人番号(マイナンバー)が確認できるもの(※2)

退職者医療制度のページへ

保険年金課、七生支所

修学のため子供が他区市町村に住むことになったとき

在学証明書、転出先の住民票の写し、認印、本人確認ができるもの(※1)、個人番号(マイナンバー)が確認できるもの(※2)

学生用の保険証のページへ

保険年金課

交通事故など他人の行為で負傷し、国保を使って治療を受けるとき

交通事故証明書、国民健康保険証、認印

まずは保険年金課給付係へ連絡を 

交通事故にあったときのページへ

保険年金課

 ※ 異動する方が外国人の場合、市民窓口課にて内容変更の届出を行ったあと、保険年金課にお越しください。 

 ※1 本人確認ができるものとは、個人番号カード・運転免許証・パスポート・在留カード・顔写真付き住基カードなどです。

 ※2 個人番号(マイナンバー)確認ができるものとは、個人番号カード・番号通知カード・個人番号付きの住民票などです。
 なお、個人番号カードがあれば、本人確認・個人番号確認とも同時にできます。