住民基本台帳カードについて

 住民基本台帳カード(住基カード)は、住民票コード等を記録したICカードで、転出転入の簡素化など住基ネット上のサービスの利用ができます。
住民基本台帳カードは、10年の有効期限で、顔写真付き(Bタイプ)と顔写真なし(Aタイプ)の2種類あります。顔写真付きの住民基本台帳カードは、運転免許証などと同様に公的な身分証明書としてご利用いただけます。(一部の事業所では、ご利用いただけない場合がありますので、あらかじめ手続き先にご確認願います。)


※個人番号カード発行開始に伴い、住民基本台帳カードの交付(更新)は終了致しました。
 現在、住基カードをお持ちの方は、カード表面の有効期限(交付から10年間)までは公的な身分証明書としてご利用いただけます。
 ただし、電子証明書(主に電子申告の際に必要)の有効期限は交付(更新)から3年間です。有効期限が切れても更新はできません。

今後はマイナンバーカード(個人番号カード)をご利用ください。マイナンバーカードの申請方法等はこちらをご覧ください。

 

※なお、住基カードで電子証明書をご利用されている方はこちらをご覧ください。