早くも約50,000年前の先土器時代から、多摩丘陵に人々が住み始め、縄文早期(約10,000年前)には、日野台地周辺に集落ができました。縄文後期になると低地にも人々が移り住むようになり、その後、6世紀ごろには、大規模な集落が形成されるようになります。

平安時代後期、京から来た日奉宗頼が日野に土着して、西党と呼ばれる武士集団の祖となります。西党日奉一族は多摩川沿いに展開し、市域とその周辺には、多西(西)・高幡・上田・田口・平山・土渕・田村・立河などの各氏が見られ、中でも平山季重は、源氏に従って一谷の合戦等で武功をたて、その勇猛果敢ぶりが広く知られた武将でした。

また古代末期から中世にかけて、現在の百草園一帯には、鎌倉幕府にとっての「祈祷の霊場」であった真慈悲寺が存在していたことが次第に明らかになってきました。

中世の日野市域は、船木田荘と吉富郷・得恒郷・土渕郷から成っており、鎌倉時代後半から戦国期にかけては、高幡高麗氏の一族が高幡不動周辺を始めとする浅川流域を支配していました。

高幡山金剛寺(高幡不動)は、多くの文化財があることで知られ、四季を通じて参詣客が絶えない市内随一の古刹ですが、建武2年(1335)の大風によって甚大な被害を受け、暦応2年(1339)から康永元年(1342)にかけて、別当儀海上人、大檀那高麗助綱らにより大規模な修復が行われました。

高幡不動尊の五重塔の写真
▲高幡不動尊の五重塔

不動堂本尊の不動明王坐像(国指定重要文化財)内には、以前から文書が納入されていたことが知られていましたが、近年の調査によって、それらが、北朝方として常陸合戦に出陣した山内経之の手紙を多く含んだものであることがわかりました。手紙には、合戦の苦しさや留守中の家族や領地に対する心配が綴られており、片面には不動明王や大黒天が印仏されています。高幡不動像内文書は、おそらく合戦で討死した山内経之の供養のため、故人の手紙に印仏し、修復されたばかりの不動明王に納入されたのではないかとも考えられています。

永禄(1558から1570)の頃から日野市域は小田原北条氏の支配下に入り、北条氏照は滝山城、のちに八王子城を拠点に多摩地域の開発を積極的に進めました。美濃国から移住してきた佐藤隼人は、永禄10年(1567)、北条氏照の協力の下で日野用水を開削しました。また天正14年(1586)の文書には「日野惣郷」の名がみられます。

江戸幕府が開かれると、日野市域は幕府直轄地と旗本領となり、慶長10年(1605)甲州街道が整備され、日野宿が置かれました。

甲州街道日野宿問屋場・高札場跡に建つ碑(日野図書館前)の写真

▲甲州街道日野宿問屋場・高札場跡に建つ碑(日野図書館前)

貞享元年(1684)、日野宿の助郷村42ケ村が定められ、現在の市域の大部分の村が含まれました。同年、万願寺の渡しが上流の日野の渡しに変更され、渡船場は日野宿の経営となりました。

享保8年(1723)には、武蔵野新田開発の一環として、高倉原(日野市多摩平、富士町、旭が丘、日野台、さくら町、八王子市高倉町近辺)が開発され、日野地域の農業生産力は一段と高まります。

江戸時代後期になると、関東の農村で荒廃が目立ち始めたため、文化2年(1805)、幕府は関東取締出役を設置し治安維持の強化に務めました。文政10年(1827)には、取締組合村を作るよう幕府からの通達があり、文政12年(1829)には、日野宿を寄場とする日野宿組合村が組織されました。

幕末になると、度重なる外国船の来航に伴う幕藩体制の動揺などで治安がさらに悪化し、日野宿では、問屋(日野本郷名主兼帯)佐藤彦五郎の天然理心流への入門をきっかけに、剣術が盛んになりました。

現在公開中の日野宿本陣の写真
▲現在公開中の日野宿本陣

当市出身の土方歳三と井上源三郎は、佐藤道場で出会った近藤勇や沖田総司らと共に上洛し、尊王擁夷の嵐が吹き荒れる幕末の京都で新選組を結成しました。新選組は京都の治安維持に尽くしましたが、やがて徳川幕府は崩壊し、井上源三郎は鳥羽伏見の戦いで、土方歳三は箱館で亡くなりました。

高幡不動尊にある土方歳三像の写真
▲高幡不動尊にある土方歳三像

明治にはいると、多摩地域は神奈川県に属することになりました。明治22年の市制・町村制の施行により、日野宿(上宿、中宿、下宿の町場と東光寺、四谷、北原、下河原、万願寺、谷戸、仲井、山下の枝郷からなる)、桑田村(豊田、川辺堀之内、上田(かみだ)、宮、万願寺、下田、新井、石田の各村が合併)、七生村(平山、南平、高幡、程久保、三沢、落川、百草の各村が合併)が誕生し、明治26年多摩地域が東京府に編入され、日野宿は「日野町」に改められます。明治34年、日野町と桑田村が合併。この間の明治22年、甲武鉄道(現在の中央線)の新宿から八王子間が開通し、翌年日野駅が開設されました(豊田駅の開設は明治34年)。大正14年には、府中-八王子間に玉南電気鉄道(現在の京王線)も開通しています。

昭和にはいると、世界恐慌のあおりを受けて昭和恐慌に陥りますが、日野町ではこの打開策として工場誘致を展開しました。昭和10年前後には、「日野五社」を始めとする企業の進出が続き、周辺地域から注目を集めました。

一方、農業恐慌下の七生村は、農村経済更生運動の波に乗り、昭和7年、経済更生村に指定されました。昭和14年には東京府拓務訓練所が開設され、昭和20年には、分村計画のあった七生村の勤労奉仕隊員たちが満州の新京東京報国農場へ渡りました(幾多の苦難を乗り越え、昭和21年8月帰国)。

米軍機の本土空襲が激しくなった昭和19年には、日野にも都内赤坂区や、品川区から児童が疎開してきました。市域は幾度かの空襲に遭っていますが、最大だった昭和20年4月の空襲では、死者28人を出しています。

昭和33年、日野町と七生村が合併し、新しい日野町となりました。そして昭和38年、市政が施行され「日野市」となりました。この時、55,595人だった人口は、その後急激に増加し、昭和58年には15万人を越えましたが、近年この人口増加も落ち着きをみせています。

毎年5月に行われる「ひの新選組まつり」の様子の写真
▲毎年5月に行われる「ひの新選組まつり」

現在では、先端技術産業が立地する一方で、公共施設の充実や都市基盤の整備などが進められ、17万人の市民が住む自然に恵まれた住宅都市としてさらなる発展を続けています。

日野市役所の屋上から見た日野市街(多摩平・豊田方面)の写真
▲日野市役所の屋上から見た日野市街(多摩平・豊田方面)

歴史年表

先土器   約50,000年前、多摩丘陵に人々が住み始める
 
縄文 中期 約10,000年前、日野台地に集落ができる
  後期 約3,500年前、日野の沖積地にも人々が移り生活する
 
弥生 末期 日野台地の神明上地域に集落が出来る
 
古墳 前期 集落が増加する
  中期 平山遺跡に大きな円墳が造られる
  後期 日野台地の斜面に横穴墓ができる
    沖積地の開発が盛んになり、大規模な集落が営まれるようになる
 
奈良   日野の各地域に集落ができる
 
平安   日野の西党を始め武蔵七党が発生する
 

1184年

元暦元年

平山季重、源義経に従い宇治川、一の谷の合戦に参戦

平山季重をまつる季重神社(平山)の写真
▲平山季重をまつる季重神社(平山)

 
鎌倉

1250年

建長2年

「武州多西郡真慈悲寺」等の背銘がある銅造阿弥陀如来坐像が鋳造される
瓦葺き堂宇が建立される
 
南北朝

1342年

康永元年

高幡不動堂、山下の現在地に再建
 
室町

1455年

康正元年

上杉憲顕、足利成氏と高幡・分倍河原で戦い、敗れて高幡不動で死す
 
戦国

1567年

永禄10年

日野の佐藤隼人、日野用水を開削

1570年

元亀1年

日野宿で後北条氏による屋敷検地が行われる

1586年

天正14年

北条氏照が、日野惣郷に竹林伐切を禁じる

1588年

天正16年

北条氏照、三沢衆を八王子城に召集

1590年

天正18年

豊臣秀吉、落川、三沢、高幡、河辺村に禁制下す
徳川家康、関東入国に際し、八王子に代官所を設ける。
八王子とその周辺に、千人同心を配する。
 
江戸

1605年

慶長10年

甲州街道が整備され、日野宿定まる

1684年

貞亨元年

日野宿助郷42ヶ村定まる。日野渡船場、日野宿経営となる

1685年

貞亨2年

多摩川の川運上が定められ、御菜鮎の上納が行なわれる

1723年

享保8年

武蔵野新田の一環として、高倉原の新田開発が行なわれる

1809年

文代6年

大田南畝(蜀山人)が勘定奉行配下の役人として
多摩川巡視中に日野宿名主佐藤彦右衛門方に立寄り
「蕎麦の記」を記す

1829年

文政12年

日野宿を寄場として組合村(日野宿組合)が組織される

1846年

弘化3年

日野の渡しで渡船が転覆。30人余が流死。

1863年

文久3年

幕府が関東の農兵取立てを実施し、日野農兵隊が
できる

1863年

文久3年

土方歳三ら京都において新選組を組織する

1866年

慶応2年

日野農兵隊多摩川築地河原で、武州一揆支隊を撃退する
 
明治

1868年

明治元年

鳥羽・伏見の戦いで、井上源三郎戦死。
甲陽鎮撫隊が勝沼の戦いで敗れる

1869年

明治2年

新選組副長土方歳三、箱館戦争で戦死

1871年

明治4年

神奈川県に編入

1873年

明治6年

日野学校(現日野一小)、潤徳学校などの小学校が開校

1874年

明治7年

日野郵便局開局

1878年

明治11年

多摩郡が西南北の3郡に分割され日野は南多摩郡に属す。
初代郡長に日野宿の佐藤俊正が任命される。

1882年

明治15年

日野市域でも自由民権運動が盛んになる

1887年

明治20年

百草園開園

1888年

明治21年

日野煉瓦工場設立。甲武鉄道へ煉瓦供給

1888年

明治21年

金剛寺(高幡不動)境内に近藤勇と土方歳三を
顕彰した殉節両雄之碑が建立される

1889年

明治22年

甲武鉄道(現JR中央線)開通。
日野宿・桑田村・七生村が誕生

1890年

明治23年

日野駅が開設される

1893年

明治26年

三多摩が神奈川県から東京府に編入。日野宿を日野町と改称

1901年

明治34年

豊田駅が開設される。日野町・桑田村合併

1906年

明治39年

甲武鉄道国有化

1910年

明治43年

南多摩郡豊田耕地整理組合発足、豊田の耕地整理
事業が始まる

1911年

明治44年

林丈太郎が平山陸稲を発見する
 
大正

1916年

大正5年

東京電燈株式会社の電灯がともり始める

1923年

大正12年

浅川に高幡橋完成。関東大震災

1925年

大正14年

玉南電気鉄道 (現在の京王線)開通。市内に3駅をおく

1926年

大正15年

日野橋開通
 
昭和

1932年

昭和7年

七生村が経済更正指定村となる

1934年

昭和9年

このころより市内に大工場ができ始める

1937年

昭和12年

中央線複線化、日野新駅開設

1938年

昭和13年

学生の勤労動員始まる

1939年

昭和14年

七生村に東京府拓務訓練所が開設

1945年

昭和20年

空襲により上田・宮・下河原(日野)で爆死者あり

1947年

昭和22年

日野中学校 (現在の日野一中)・七生中学校開校。農地改革始まる

1948年

昭和23年

日野警察署・日野消防署発足

1958年

昭和33年

日野町・七生村合併。多摩平団地入居開始。都立多摩動物公園開園

1961年

昭和36年

町立国民健康保険病院(現在の市立総合病院)開設

1963年

昭和38年

市制施行。全国559番目。人口55,595人

1965年

昭和40年

市立図書館設置

1966年

昭和41年

中央公民館開設
日野高校開校

1967年

昭和42年

中央自動車道、調布、八王子間開通

1969年

昭和44年

日野保健所開設

1970年

昭和45年

市の人口10万人突破。カドミウム汚染米発見される

1971年

昭和46年

ヒノクジラの化石発見

1973年

昭和48年

中央図書館オープン

1974年

昭和49年

市営水道事業が東京都に統合される

1977年

昭和52年

市役所庁舎新築・移転

1979年

昭和54年

休日準夜診療所を開設高齢者事業団(現シルバー人材センター)が発足
市民自治学園を開講
七生支所移転
七生公会堂を併設

1980年

昭和55年

「日野市緑化月間」を制定
日野台高校開校
駒形の渡し始まる

1981年

昭和56年

平山中学校で中学校給食開始勤労者互助会がスタート

1982年

昭和57年

市立婦人センター(現在の男女平等推進センター)開設

1983年

昭和58年

市民憲章市歌制定

1984年

昭和59年

多摩動物公園コアラ公開

1985年

昭和60年

南平高校開校
市民会館オープン
住民登録事務電算化
公共下水道、南多摩処理区供用開始

1987年

昭和62年

市民陸上競技場完成
在宅老人ケア事業スタート

1988年

昭和63年

生活・保健センターオープン
 
 平成

1989年

平成元年

老人入院見舞共済制度発足
立日橋開通
南平丘陵公園オープン
東部会館開設
ふるさと博物館開館

1990年

平成2年

多摩川の河床からゾウのキバの化石が発見される
特養老人ホーム・浅川苑開園
中学校給食完全実施
百草図書館開館

1991年

平成3年

市立乗鞍高原「日野山荘」開設
万願寺歩道橋(ふれあい橋)開通
ふれあい橋
▲ふれあい橋

1992年

平成4年

浅川スポーツ広場完成
精神薄弱者の生活寮「グループホームこばと寮」開設
日野駅西駐輪場開設

1993年

平成5年

市立八ヶ岳高原「大成荘」改築オープン
日野市防災情報センター開設

1994年

平成6年

日野市市民参加の推進に関する要綱制定施行
市立栄町高齢者在宅サービスセンター開設
日野市・多摩市・稲城市を管轄する日野税務署新設
金剛寺の木造不動明王像・二童子像・不動明王像内文書が、
国指定重要文化財となる

1995年

平成7年

国土庁により日野市が「水の郷」に選ばれる
高幡不動駅 ・ 一番橋 ・ 日野駅間のバス路線開通

1996年

平成8年

ひの男女平等社会推進プラン策定
日野市普通河川等管理条例施行

1997年

平成9年

鳥と緑の国際センター開設
休日歯科応急診療所を開設

1998年

平成10年

福祉支援センターを開設
男女共同参画都市宣言

1999年

平成11年

インターネットホームページを開設
 
   

市民課(現在の市民窓口課)豊田駅連絡所開設

ひの市民大学開校

  2000年 平成12年 多摩都市モノレール全線開通
   

市内に5駅ある多摩都市モノレールの写真

国政調査(日野市の人口167,942人)
選べる学校制度制定
ごみ収集用ボックス(ダストボックス)廃止、戸別収集制に変更
ISO14001の認証を取得
 

2001年 平成13年

第4次基本構想策定
    東部子ども家庭支援センター開設
日野市ファミリーサポートセンター開設
日野市男女平等基本条例を制定
  2002年 平成14年 夢が丘小学校(高幡台小学校、程久保小学校統合)開校
    日野市立病院開設
一番橋新設開通
日野市議会議員定数条例施行(30人から26人へ)
高幡区画整理事業換地処分(16.8ヘクタール)
南平駅西交流センター開設
被害者、遺族等支援条例施行
石田大橋開通
  2004年 平成16年 「新選組フェスタin日野」を開催(1月10日から10月31日)
   

新選組フェスタin日野万願寺メイン会場の写真

▲新選組フェスタin日野万願寺メイン会場
 

多摩平の森ふれあい館開設
男女平等推進センター開設
組織改正(9部48課1議会3事務局から8部42課1議会3事務局に)
教育センターを旧高幡台小学校に開設
多摩平交流センター、落川交流センター、新町交流センター開設
万願寺区画整理事業換地処分(127.2ヘクタール)
新町区画整理事業(組合施行)換地処分(5.3ヘクタール)
  2005年 平成17年 南平西部地区センターと南平児童館ぷらねっとが入った複合施設開設
    日野市ホームページがリニューアル
万願寺交流センター、ひの児童館万願寺分館開設
万願寺交流センターの写真
▲万願寺交流センター
 
郷土資料館を旧高幡台小学校に開館
携帯電話版ホームページ開設
環境情報センター「かわせみ館」開設
平山季重(ひらやますえしげ)フェスタ開催(7月23日から30日)
巽聖歌展開催(9月23日から11月13日)

たきびの碑の写真

▲旭が丘中央公園にあるたきびの碑

ドッグラン(わんパークひの)を開設

日野市ドッグラン(わんパークひの)の写真
 

乳幼児医療費が就学前まで無料に
健康フェスタ&くらしのフェア開催
人口が17万人を超える
新選組のふるさと歴史館開館記念特別展開催(12月10日から平成18年5月28日)
 

2006年

平成18年

防災情報センター内に安全安心課を新設
    市ホームページにバナー広告掲載開始
不審者情報メール配信開始
わんわんパトロールスタート
京王線高幡不動駅南北仮供用開始
京王線高幡不動駅改札口の写真 
地域サポーター制度スタート
郷土資料館特別展「絵図から見える江戸と日野から江戸図・道中図・村絵図」開催(9月23日から12月17日)
日野市まちづくり条例施行
日野市地域職業相談室「ナイスワーク高幡」オープン
小島善太郎展開催(11月18日から12月3日)
たかはたもみじ灯路開催
たかはたもみじ灯路の写真

 

  2007年 平成19年 日野バイパス全線開通(3月24日)
    水道業務が東京都へ移管
七生支所が京王高幡ショッピングセンターに移転(4月2日)
駅前ミニ子育て応援施設「モグモグ」オープン(4月2日)
放課後子どもプラン「ひのっち」スタート(6月1日)
市内郵便局9局で諸証明書の交付を開始(7月2日)
「NHKのど自慢」市民会館で公開生放送(7月8日)
市からの要望にスーパーいなげやが応え、「レジ袋有料化実験」開始(8月1日から11月)
「伊藤整展」開催(12月1日から12月16日)
日野の冬イベント「イルミネーション」開催(12月6日から12月25日)
  2008年 平成20年 日野町・七生村合併50周年
    子ども家庭支援センター開設
平山季重ふれあい館開設
平山小新校舎完成
平山台健康・市民支援センター開設
  2009年 平成21年 日野市ユニバーサル推進条例を制定
    七生緑小学校増・改築工事が完了
基幹型児童館あそビバれっどあさひがおか児童館、あそビバぶるーさかえまち児童館開設
栄町こうゆう館が開設
日野市みんなですすめる食育条例を制定
日野市第一中学校新校舎完成
日野市第一中学校新校舎完成
  2010年 平成22年 市民会館の愛称が「ひの煉瓦ホール」に決定
    日野第四小学校増・改築工事が完了
日野第四小学校増・改築工事が完了
百草台コミュニティーセンターが開設
クリーンセンター汚泥再生施設が完成
緑橋新橋部が開通
  2011年 平成23年 一番橋通りの南平立体が開通
    市内小・中学校で耐震補強工事が完了
携帯電話版ホームページをリニューアル
日野第二小学校の増築工事が完了
健康サポートルーム輝(かがやき)がオープン
ミニバス運行25周年
乗鞍高原日野山荘が閉鎖
 

2012年

平成24年

市民の森ふれあいホール開館
   

日野都市計画道路3・4・14号線(一番橋通り)工事完了

日野都市計画道路3・4・8号線(都道淵上日野線)開通

四谷下公園内水と緑の体験施設開館

七ツ塚ファーマーズセンター開設

 

2013年

平成25年

市制施行50周年
   

第68回国民体育大会(スポーツ祭東京2013)開催

小島善太郎記念館が開館

中央図書館開館40周年

多摩動物公園開園55周年

日野都市計画道路3・4・11号線(新川崎街道)開通

小型家電・金属類の資源物回収開始

日野消防署新庁舎落成

 

2014年

平成26年

市立病院が都の災害拠点病院に指定される
   

エール(発達・教育支援センター)開設

広報ひのをA4版雑誌タイプにリニューアル

イオン(株)と相互協力・連携に関する協定を締結

GEヘルスケア・ジャパンと「少子高齢社会における地域モデル作りのためのパートナーシップ協定」を締結

南多摩保健所管内3市で「新型インフルエンザ等対策行動計画における連携・協力に関する基本協定」を締結

 

2015年

平成27年

明星大学と相互協力・連携に関する包括協定を締結

   

コニカミノルタ(株)・日野市・市立病院が災害時協力協定を締結

第二小学校が豊田小学校に校名変更