日野市では、多世代が住み続けられる持続可能なまち安全・安心で暮らしやすいまちをつくるため、様々な取り組みを実践しています。

 豊田駅北口側では、UR都市再生機構「多摩平の森」の団地の建て替えにあわせて、バス路線などがあつまり市民のみなさまが便利に集える駅のすぐそばに、多様な機能を担う拠点的な商業施設を誘導し、歩いて暮らせるまち賑わいがあり出歩きたくなるまちとなるよう、地元の方や民間事業者と協力しながらまちづくりを進めています。

 この一環として、豊田駅から市立病院に向かう、駅前通り(都道235号豊田停車場線)沿いの一角を、医療や福祉施設などの公共公益施設等を立地させる地区として、「多摩平の森地区A街区公共公益施設等整備構想」を定め、土地利用を誘導しております。

 この構想では、保育施設高齢者向け施設のほか、生涯学習施設地域交流施設地域医療拠点施設健康増進施設などの立地を誘導することとなっており、今回、この構想を実現するために必要となる都市計画変更を実施しました。

 今回の変更により、緊急時の対応ができる地域医療拠点施設や健康増進施設(たとえばプール付のフィットネスクラブなどが考えられます。)の立地が可能となり、効果的な施設の誘導ができることとなります。

 市では、引き続き、地域のまちづくりに必要となる計画等の実現に寄与するため、都市計画変更などを含め、様々な制度を活用して支援してまいります。

 

都市計画変更の概要

用途地域の変更(変更箇所の図面です)

 用途地域変更図面.pdf [707KB pdfファイル] 

多摩平の森地区地区計画の変更(変更後の「計画書」と「計画図」です)

 多摩平の森地区地区計画計画書.pdf [512KB pdfファイル] 

 多摩平の森地区地区計画計画図.pdf [1692KB pdfファイル] 

お問い合わせ

詳細は市役所3階都市計画課窓口にて指定図書をご覧いただき、ご確認をお願いします。