日野市黒川清流公園写真  日野市ふれあい橋写真  日野市新選組まつり写真

 

都心から西に35km、東京都のほぼ中心部に位置し、多摩川と浅川の清流に恵まれ、湧水を含む台地と緑豊かな丘陵をもつまち、それが私たちのまち日野です。

わがまちは昔から交通の要衝であったのですが、それはしっかりと今に繋がっています。
甲州街道・川崎街道の二つの街道とJR中央線・京王線の二つの鉄道が走り、多摩モノレールも通っています。
かなり便利なまちです。

人口5万人で市制を施行したのは昭和38年ですが、現在の人口は18万人を超え、まだ増え続けています。
そして平成25年には、市制施行50周年の節目を迎えました。

かつては農業中心の宿場町で「多摩の米蔵」といわれていましたが、昭和の初めからは大企業の誘致により工業都市の顔も加えます。
また戦後は、多摩平など大規模団地の進出があり、首都圏の住宅都市として今日に至っています。

 加えて日野は「新選組のふるさと」でもあります。
副長・土方歳三や六番隊長・井上源三郎が生まれ育ったほか、彼らの活動を支えた名主の佐藤彦五郎の屋敷(日野宿本陣)が残されており、例年5月には「ひの新選組まつり」も開催されています。

また「新選組のふるさとを訪ねるみち『日野』」が、社団法人日本ウォーキング協会の「美しい日本の歩きたくなる道500選」に選ばれています。この他にも日野市は、国土交通省の「水の郷百選」に認定されています。ぜひ日野のまちを歩いてみてください。