国民保護について

平成16年9月に「武力攻撃事態等における国民の保護のための措置に関する法律(国民保護法)」が施行されました。国民保護とは、この法律に基づき、外国からの武力攻撃や大規模テロ等から、国民の生命、身体及び財産を保護することをいいます。万が一、こうした事態が発生した場合には、国や都道府県、区市町村等が連携協力して、住民の避難や救援、被害の最小化等の国民保護措置を実施します。

日野市国民保護計画について

日野市では、日野市国民保護協議会や市民の皆様からのご意見などを踏まえながら、平成19年3月に日野市国民保護計画を作成しました。
この計画は、国民保護法に基づき、外国からの武力攻撃や大規模なテロなどが発生した場合に、市が国・都・他の市区町村関係機関等と連携・協力して、的確かつ迅速に住民の避難や救援などの国民保護措置を実施することができるよう、あらかじめ定めておくものです。

「日野市国民保護計画」のページへ

日野市国民保護協議会について

日野市では、国民保護法第39条に基づき、武力攻撃などから市民の皆さまの生命や財産を守るために関係各機関等から広く意見を求め、国民保護事案に関する施策を総合的に推進するため「日野市国民保護協議会」開催しております。

日野市国民保護協議会委員 [101KB pdfファイル] 

日野市国民保護協議会 年度別 議題 [119KB pdfファイル] 

 

関連リンク

内閣官房国民保護ポータルサイトのページ(別ウインドウ)

総務省消防庁のページ(別ウインドウ)

東京都防災ホームページ(別ウインドウ)