エール外観

  平成26年4月からエール(日野市発達・教育支援センター)が開設しました。当施設は、0歳から18歳までの発達面、行動面、学校生活面において支援を必要とする子ども、子どもの育ちについて不安がある保護者の総合的な相談・支援機関になります。福祉部門と教育部門の部署がセンターに設置され、子どもの育ちに関する相談窓口を一本化し、福祉と教育が一体となって継続的に支援する仕組みは、全国的にも珍しく、先進的な取り組みとして注目されています。
  また、公募により決定された愛称「エール」には、「支援が必要な子どもや保護者等へ『心を一つにして応援する』」という意味が込められています。 お子さまの育ちや発達について不安や悩みがありましたら、お気軽にご相談ください。

エールパンフレット [3112KB pdfファイル] 

施設の3つの特徴

  • 発達や教育についての相談・支援窓口を一本化し、相談・支援体制を分かりやすくします。 
  • 福祉と教育の連携による、切れ目のない支援を行います。
  • 多様な専門職による支援を行います。(心理士、言語聴覚士、作業療法士、保健師、スクールソーシャルワーカーなど) 

主な事業内容

 

開館日時

月曜日から金曜日
午前9時から午後6時まで

(施設貸出しは、年末年始を除く毎日 午前9時から午後9時まで)  

相談受付

月曜日から金曜日
午前9時から午後6時まで

※相談内容により時間が異なります。

  • 就学相談
    午前9時から午後4時
  • 子どもこころの電話相談(042・514・8028)
    午前10時から午後5時
施設貸出し

年末年始を除く毎日 9時から21時まで
貸出しの申請受付は、平日は9時から18時まで
地域の皆様が交流場所として使える部屋の貸し出しを行っています。個人やグループでの利用が可能です。

部屋名 面積 定員 付帯設備
地域コミュニティ室 28.5平方メートル 10人 長机・イス
会議室 28.25平方メートル 10人 長机・イス

※可動式パーティションでの間仕切りのため、両室一体での使用可能

利用料金

部屋名 午前 (9から12時)    午後(13から17時) 夜間(18から21時)
地域コミュニティ室 300円 400円 300円
会議室 300円 400円 300円

※両室一体での利用の場合は合算金額となります。

 

交通機関 

JR中央線豊田駅から徒歩25分(1.7キロ ) 

  • JR中央線 豊田駅よりバス
    • (1)ミニバス 豊田駅⇔旭が丘循環 (1時間間隔 ) 
      市営長山団地西下車 徒歩3分
    • (2)ミニバス 豊田駅 ⇔ 旭が丘循環 (1時間間隔 ) 
      首都大学東京前下車 徒歩4分
    • (3)路線バス 豊田駅 ⇔ 八王子駅 (20分間隔 ) 
      首都大学東京入口下車 徒歩8分
    • (4)路線バス 豊田駅 ⇔ 平山工業団地循環 
      旭が丘中央公園下車 徒歩7分
  • JR中央線 日野駅よりバス
    • (5)路線バス 日野駅 ⇔ 八王子駅
      高倉町下車 徒歩12分

 エール 地図