「みんなの遊・友ランド」とは?

 障がいのある子もない子も一緒に遊び、笑顔で声かけできるようなふれあいの場をつくることを目的としたイベントです。

にょろん 普段触れ合うことの少ない子どもたちがひとつの場所に集まって、同じ目的を持って一緒に遊ぶことで、お互いを知り、助け合い、みんなで楽しい時間を過ごすことができたら・・・。

『みんなの遊・友ランド』は、障がいの有無にかかわらず、ゲームや大きな風船で一緒になって遊ぶことで、人を思いやる気持ちの種をまきます。

大きな風船を使って遊びましょう。
またがる、プールみたいにして跳ねる、ゴロゴロしてゆったり過ごす。
その遊び方は子どもたちのアイディアが光ります。

それぞれの子どもたちにあった遊び方が、様々な運営の工夫によって、実現できるようにしています。

 

 

第26回 みんなの遊・友ランドの様子

 日時

平成28年6月12日(日曜日)午後1時から3時30分

 会場

日野市市民の森ふれあいホール

 参加人数

544名(子ども190名、大人118名、ボランティアスタッフ225名)

 みんなのイラスト

みんなの描いた絵。

力作揃いです!

 

またがるふうせん

 

 風船プール

ふうせんプールで

大はしゃぎ! 

 

のっちも遊びに

きてくれました。

 

 

みんなでダンス♪

キンダーポルカ

 

 

特別支援学校の先生による

ボランティアレクチャー

 

  

 主催

日野市ぷよん

 運営

日野市青少年委員の会

 協力

日野市少年学級親の会、都立七生特別支援学校、都立八王子東特別支援学校

日野市社会福祉協議会、東邦歯科医療専門学校、明星大学きらきらボランティアセンター、中央大学ボランティアセンター

 後援

日野市教育委員会