医療証を都内の医療機関の窓口で提示することにより、保険適用の医療費の一部を助成する制度です。

医療証は、乳幼児医療証(マル乳)と子ども医療証(マル子)の2種類あります。

乳幼児医療証

受給できる方

6歳到達後最初の年度末まで

 

助成内容

保険診療の自己負担額(食事療養費標準負担額を除く)を全額助成

 

所得制限

ありません

 

申請に必要なもの
  1. 乳幼児医療証交付申請書 [144KB pdfファイル]  
  2. 印鑑
  3. 保険証コピー(お子さまのもの)
    ※配偶者が申請者の健康保険の被扶養者の場合は、配偶者の健康保険証もお持ちください。
  4. 申請者と配偶者のマイナンバー(個人番号)確認書類(郵送の場合はコピー)
    例)個人番号カード、通知カード 等
  5. 窓口に来る方の身元(本人)確認書類(郵送の場合はコピー)
    例)個人番号カード、運転免許証、パスポート 等

    ※平成29年1月1日現在、申請者もしくは配偶者が日野市に住民登録がない場合は、地方税情報を取得するために「同意書 [84KB pdfファイル] 」が必要になります。
     
申請について                                                                          

以下の場合を除いて申請日からの資格となりますので、対象となる方は必要書類を揃えてお早めに子育て課の窓口または郵送で手続きをしてください。

出生特例…出生日から2カ月以内に申請されれば、資格は出生日に遡ります。                                                           

転入特例…転入日から2カ月以内に申請されれば、資格は転入日に遡ります。

 

子ども医療証

受給できる方

6歳到達後最初の4月1日から15歳到達後最初の年度末まで(義務教育就学児)のお子さんを養育し、主たる生計者の平成28年中の所得(共働きでも合算しません)が所得制限未満の方。

 

助成内容

保険診療の自己負担額(食事療養費標準負担額を除く)を全額助成

※平成29年10月1日より、通院1回につき200円の一部負担金は廃止されました。
※所得制限については、これまで同様に存続します。

 

所得制限

あります

※平成30年9月30日までの医療証は下記の所得額で判定します。

所得制限基準額

扶養親族の数

所得額

0人

622.0万円

1人

660.0万円

2人

698.0万円

3人

736.0万円

4人

774.0万円

5人

812.0万円

※扶養人数が1人増すごとに、所得額に38万円 を加算します。
 

※所得額から下記の額を控除することができます。 

控除額

控除項目

控除額

社会保険料相当額(一律控除) 80,000円
勤労学生・寡婦・寡夫・障害者控除 270,000円

特別寡婦控除

350,000円

特別障害者控除

400,000円

老人控除対象配偶者・老人扶養控除

60,000円

雑損・医療費・小規模共済等掛金控除

住民税控除相当額

 

 

申請に必要なもの
  1. 子ども医療証交付申請書 [143KB pdfファイル]  
  2. 印鑑
  3. 保険証コピー(お子さまのもの)※配偶者が申請者の健康保険の被扶養者の場合は、配偶者の健康保険証も必要です。
  4. 申請者と配偶者のマイナンバー(個人番号)確認書類(郵送の場合はコピー)
    例)個人番号カード、通知カード 等
  5. 窓口に来る方の身元(本人)確認書類(郵送の場合はコピー)
    例)個人番号カード、運転免許証、パスポート 等

    ※平成29年1月1日現在、申請者もしくは配偶者が日野市に住民登録がない場合は、地方税情報を取得するために「同意書 [84KB pdfファイル] 」が必要になります。
     
申請について

以下の場合を除いて申請日からの資格となりますので、対象となる方は必要書類を揃えてお早めに子育て課の窓口または郵送で手続きをしてください。                                                                            転入特例…転入日から2カ月以内に申請されれば、資格は転入日に遡ります。

 

子ども医療証の所得制限超過の方へ

現在の医療証は、平成28年中の所得で判定しています。平成30年10月1日からの医療証は平成29年中の所得で判定しますので、対象となる方は、平成30年6月から9月までの間に申請してください。

 

共通事項について

各種変更について

現在医療証をお持ちの方で医療証の記載内容及び保険証の変更が生じた場合、届出が必要になります。変更届及び医療証再交付申請書は下記からダウンロードできますのでご利用ください。なお、保険証変更は、申請者と対象のお子さまの新しい保険証のコピーを必ず添付してください。

変更届 [106KB pdfファイル]

再交付申請書 [68KB pdfファイル] 

また、児童手当を受給されている方が保険証及び年金加入の変更が生じた場合も変更届が必要になります。詳細は児童手当のページをご覧ください。

 

都外等で医療機関を受診した場合の助成方法について

都外および契約外の医療機関を受診した場合、医療機関の窓口で保険診療の自己負担分を支払い、その領収書を支給申請書(市役所2階子育て課にあります)に添えて申請してください。後日、口座振込にてお返しします。(診療日から2年以内に申請をお願いします)

 

申請に必要なもの
  1. 領収書(原本)
    保険点数、対象児童の氏名の入ったものが必要です
  2. 保険証(対象児童のもの)
  3. 医療証
  4. 銀行口座(口座名義は医療証の申請者)
  5. 印鑑 

※医療費を全額(10割)負担した場合や眼鏡、補装具等を作成した場合、お手続きが異なりますのでお問い合わせください。

申請場所

市役所2階子育て課窓口(郵送では申請できません)