学校支援ボランティア推進協議会事業

 地域の皆さんの力で学校を支えましょう。

〇学校支援ボランティアって?〇

 子どもたちが健やかに成長するために、地域や保護者の方々の力が必要です。この事業は学校と家庭と地域が連携して地域住民や保護者等がボランティアとして学校教育支援を行い、地域ぐるみで子どもの教育活動・学びを支える事業です。市内全17小学校で実施されており、学校からの依頼に応じ、「登下校の子どもたちの見守り」、「本の読み聞かせ」、「花壇の整備」、「学校行事のお手伝い」等を地域の実状に合わせボランティアの皆さんが様々な支援を行います。

 

〇コーディネーターを配置しています〇

 この支援事業を進めるために教育委員会では、学校からの依頼や地域からの提案などを学校と打ち合わせて、ボランティアの活動を進める役割を担うコーディネーターを各学校区毎に地域の方々の中から委嘱しています。コーディネーターが橋渡しに役になることで、学校と地域のボランティアとの連携した取組をより効果的・継続的に進めることを目指しています。

 

学校支援ボランティアの仕組み

 

 

○活動例○

見守り
東光寺小下校見守り

東光寺小地区の下校時の見守り

環境整備

四小 花壇の清掃など

環境整備 四小 花壇の整備など

学習支援

三小 読み聞かせ

三小読み聞かせ

 
   

 

○ボランティアを募集しています○

 ボランティアは随時募集しています。出来る範囲で始めてみませんか。ご協力いただける方は、生涯学習課へお問い合わせ下さい。

※ボランティア例  登下校時の見守り、本の読み聞かせ、花壇などの環境整備、学校園整備、学校行事の手伝い(運動会会場整理など)、スポーツテスト手伝い・見守り、プリント配布準備(印刷・仕分けなど)、漢字検定(受付・当日準備ほか)、図書整備(学級文庫入替、図書室展示物入替ほか)、長縄持ち手 など