私たちはどのように食事をしているのか、まずは食べることのしくみを知りましょう。

人は1から5のしくみを経て食事をしています。

1 食べ物の認知 過去の経験からどのような食べ物か判断し、食べ物を見る、触る、匂いを嗅ぐなどして認知します。
2

食べ物の取り込みと咀嚼1(そしゃく)

口や舌により、食べ物の物性や温度などの情報を感知します。ある程度の固さのあるものは舌と顎の動きにより、上下の歯で粉砕処理します。柔らかい食品は舌と口蓋で押しつぶすように処理されます。
3

食塊形成と飲み込みの開始

口の中でバラバラに粉砕した食べ物を舌で唾液と混ぜて一つの塊にまとめます(食塊形成)。まとめられた食べ物は、咽頭に押し込まれます。
4 咽頭(のど)への送り込み 食べ物は一気に咽頭の下方に流れ込んでいきますが、気管の入り口は閉鎖され(喉頭蓋が弁となり)、食べ物が気管に入り込むのを防止します。
5 食道への送り込み

舌や咽頭の働きにより、食べ物の食道への押し込みを助けます。

6 飲み込みの完了 食べ物が全て食道に押し込まれると、食べ物は胃へ向かっていきます。食べ物が食道に押し込まれたと同時に、気道は開放され、呼吸が再開します。

1咀嚼:口の中で食べ物を噛み砕くこと

 

※食べ物を飲み込む間、息が止まっている時間は約0.5秒

摂食・嚥下名称イラスト

 

参考文献

菊谷武・田村文誉・水上美樹 編著:診療室からはじめる口腔機能へのアプローチ、医歯薬出版株式会社、2016.4.25発行

小山珠美 監修:口から食べる幸せをサポートする包括的スキル~KTバランスチャートの活用と支援~、医学書院、2015.9発行

黒田隆博・戸原玄 監修:CGと機能模型でわかる!器官の異常と誤嚥・摂食・嚥下のメカニズム、医歯薬出版株式会社、2014.8発行