平成28年4月より、視覚障害の方への同行援護(障害福祉サービス)の利用時間を障害支援区分に関係なく、月あたり50時間に拡大しました。

これまで以上に外出の機会が増え、社会参加の増大や健康維持の一助となることが期待できます。

対象者

市内在住の視覚障害の方

申込み方法

お申込み・ご相談は、障害福祉課の窓口へお申出ください。