B型肝炎ワクチンが、平成28年10月1日から定期予防接種になりました。

対象者

1歳未満(1歳の誕生日の前日まで)のお子さん

※案内は3から4ヶ月児健診のお知らせに同封いたします。

接種回数

3回(27日以上の間隔で2回接種、さらに、初回接種から139日以上の間隔をおいて1回接種。)

標準的には、生後2ヶ月に達したときから生後8ヶ月に達するまでの期間。

必要なもの

母子健康手帳、健康保険証 ※予診票は医療機関に置いてあります。

費用

無料

注意事項

  • 任意接種で接種したことがある場合は、すでに接種した回数分の接種を受けたものとみなします。
  • HBs抗原陽性の妊婦から生まれた乳児として、健康保険によりB型肝炎ワクチンの投与(抗HBs人免疫グロブリンを併用)の全部又は一部を受けた方については定期の予防接種の対象者から除きます。

実施医療機関

平成29年度B型肝炎ワクチン予防接種実施医療機関一覧 [76KB pdfファイル] 

副反応情報

B型肝炎ワクチンの主な副反応は、一般社団法人ワクチン産業協会『予防接種に関するQ&A集』(2015)によると、倦怠感、頭痛、局所の腫脹、発赤、疼痛等でした。

また、重大副反応では、極めてまれにショック、アナフィラキシー、多発性硬化症、急性散在性脳脊髄炎、ギラン・バレー症候群、などが見られることがあります。

予防接種救済制度

定期の予防接種によって引き起こされた副反応により、医療機関での治療が必要になったり、生活に支障がでるような障害を残すなどの健康被害が接種を受けたことによるものと厚生労働大臣が認定したときは、予防接種法に基づく給付を受けることができます。

予防接種後副反応による健康被害が発生した場合は、健康課へご相談ください。

予防接種健康被害救済制度(厚生労働省) (別ウインドウ)