中等度難聴児とは、身体障害者手帳の対象とならない、おおよそ30デシベル以上70デシベル以下の難聴である児童です。早期からの補聴器装用により、言語習得能力、コミュニケーション能力、社会生活能力の向上が期待されています。

 医師や学校等からの助言、健診により、該当すると思われる方はお問い合わせください。

 

対象者  

 おおよそ30デシベル以上70デシベル以下の中等度難聴のある、0歳から18歳未満の児童

 

申請に必要な書類
  • 申請書(窓口でお渡しします。) 
  • 医師の意見書(窓口でお渡しします。意見書作成料及び作成に係る費用はご負担下さい。)
  • 補聴器業者の見積もり書
  • 転入の場合は、世帯全員の方の市町村民税の課税額を証明する書類

※他自治体で同様の助成を受けて補聴器を購入し、5年未満の方は対象となりません。

※世帯の中に、市民税の所得割が46万円以上の方がいる場合は対象となりません。

※修理代の助成はありませんが、5年後に新たに申請ができます。

 

対象となる補聴器、助成額等詳細はお問い合わせください。