風しんは免疫のない女性が妊娠中に感染すると、胎児が先天性風しん症候群となるおそれがあり注意すべき疾患です。市では風しん対策として、大人の方に風しんの抗体検査、及び抗体が十分でない方に麻しん風しん混合(風しん)予防接種をする際の費用を助成します。

医療機関に行く前に、日野市健康課で申込み手続きを行い、予診票を取り寄せてください。日野市健康課発行の予診票を持たずに有料で検査及び接種した場合の費用の還付はできません。

対象者

■抗体検査対象者

妊娠を予定または希望している19歳以上の日野市の女性(風しんの予防接種を2回以上受けたことが確実な方は除く) 

■予防接種対象者

妊娠を予定または希望している19歳以上の日野市の女性で下記の要件のいずれかに該当する方

  1. 抗体検査事業において検査の結果、抗体が十分でないと判明した場合
  2. 妊婦健診で抗体が十分でないことが判明した女性が出産後に速やかに接種を受ける場合
  3. 自身で抗体検査を受けたケースなどで、抗体が十分でないことが確認できる場合

※抗体が十分でない場合とはHI法で値が16倍未満、EIA法で値がEIA価8.0未満又は国際単価30IU/ml未満だった場合をいう

実施機関

平成28年4月1日から平成29年3月31日まで(抗体価が十分でないことがわかり予防接種を完了するまでの期間)                

注意事項

  1. 妊娠している女性への予防接種はできません。
  2. 女性が接種を受ける時は、妊娠していないことを確認してください。
  3. 女性が接種した場合は、接種後2か月は妊娠を避けてください(配偶者またはパートナーがいる方は予診票にパートナー署名が必要です。
  4. 申込手続き後、妊娠していることが分かった方は、接種をしないでください。
  5. 今回の任意予防接種により万一事故が発生した場合には、予防接種法の救済制度の対象外となりますが、日野市が加入している予防接種事故賠償補償保険(別ウインドウ)及び医薬品医療機器総合機構法(別ウインドウ)に基づく副作用救済給付が適用されます。

 

申請方法

実施医療一覧は平成28年度 風しん対策事業実施医療機関一覧.pdf [101KB pdfファイル]  をクリックしてください。

 本人確認できる書類と抗体が十分ではないことがわかっている方はそのことを確認できる書類を持参し、健康課窓口に申請をする。市から渡される予診票を持参し契約医療機関で検査及び接種を実施する。

  1. 抗体検査及び予防接種を希望する対象者は本人確認できる書類。また既に抗体が十分ではないことがわかっている方はそのことを確認できる書類も併せて持参し、日野市健康課(生活・保健センター1階)へ申込手続きをしてください。
  2. 窓口で制度の内容をご説明し、確認をしていただきます。 
  3. 申請受付後、対象者に、「予診票」を交付します。 
  4. 「予防接種実施協力医療機関」を予約し、「予診票」を持参して抗体検査及び予防接種をしてください。予約の際は、市の無料の抗体検査及び予防接種対象者であることを伝えてください。

※麻しん風しん混合ワクチン(MR)は、麻しん(はしか)も一緒に予防できます。麻しん風しん混合ワクチン(MR)で接種することをお勧めします。 
※日野市健康課発行の「予診票」を持たずに有料で接種を受けた場合の費用の還付はできません。
※実施協力医療機関以外で接種する場合も全額自己負担となります。

※昨年度同じ制度で、抗体検査を受けた方は申請できません。                               

申請必要書類                              

住所と年齢が確認できるもの(免許書・保険証など)
※抗体が十分ではないことがわかっている方はそのことを確認できる書類を併せて持参

風しん及び先天性風しん症候群について(国立感染症研究所)