伝染性紅班にご注意ください

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます
このページの情報をラインでシェアできます

ページID1010749  更新日 平成30年11月28日

印刷 大きな文字で印刷

伝染性紅班にご注意ください

伝染性紅班が流行しています。
予防策としては、こまめな手洗いや、咳エチケット等を心がけることが大切です。 また、下記の症状がありましたら早めに医療機関を受診してください。

伝染性紅班とは

原因

ヒトパルボウイルスB19を原因とする感染症です。

症状

両頬に紅い発疹、体や手・足に網目状の発疹がみられ、1週間程度で消失します。発疹が淡く、他の疾患との区別が難しいこともあります。発疹が出現する7日~10日前に、微熱や風邪のような症状がみられることが多く、この時期にウイルスの排出が最も多くなります。 妊娠中(特に妊娠初期)に感染した場合、まれに胎児の異常や流産が生じることがあります。

発生状況

小学校入学前後の小児が多いですが、成人の発症もあります。

予防法

個人でできる予防策

  1. 帰宅時にはうがい、手洗いをしましょう。
  2. 十分に睡眠、栄養を取り、体力を維持しましょう。 
  3. 外出時マスクをする。 
  4. 必要な時以外は人ごみを避けましょう。

「咳エチケット」が感染拡大防止に役立ちます

  1. 咳やくしゃみ等の症状があるときはマスクをつけましょう。
  2. 咳やくしゃみの際、ティッシュ等で口と鼻を覆い周りの人から顔をそむけましょう。
  3. 使ったティッシュは直ちにビニール袋に密封するか、ふたつきのごみ箱にすてましょう。

マスクの着用

マスクを着用することによりウイルスが体内に入ってくるのをある程度防ぐことができます。また、感染してしまった場合でも、他の人への感染を防ぐことができます。マスクの着脱の際に手指にウイルスが付着する可能性があります。手洗いも併せて行いましょう。マスクがないときには、ハンカチやティッシュなどで口と鼻を覆いましょう。

このページに関するお問い合わせ

健康福祉部 健康課
直通電話:042-581-4111
ファクス:042-583-2400
〒191-0011
東京都日野市日野本町1丁目6番地の2 生活保健センター
健康福祉部健康課へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。