食育コラム 平成31年2月1日号

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます
このページの情報をラインでシェアできます

ページID1010835  更新日 平成31年1月28日

印刷 大きな文字で印刷

ベジ活350キャッチフレーズのロゴマーク

日野市は「ベジ活350(サンゴーマル)両手山盛りいっぱいを習慣に 1日350gの野菜を食べよう」をキャッチフレーズに、食育を推進しています。

野菜をもっとたくさん食べるためのヒント

便利な冷凍野菜やカット野菜を利用してみませんか?

1日5皿を目安に野菜料理を食べましょう。

冷凍野菜

ほうれん草やブロッコリーなどを下ゆでして、1回分ずつ小分けにして冷凍保存しておくと、解凍するだけで簡単に調理できて便利です。また、市販の冷凍野菜は、旬の時期に収穫されているので栄養価が高く、種類も豊富なので、様々な料理に利用することができます。

カット野菜

「サラダ用」、「炒め野菜用」など、あらかじめカットされた野菜が、スーパーマーケットやコンビニエンスストアなどで販売されています。野菜を食べたくても時間がないという方、野菜を買っても量が多くて食べきれないという方におすすめです。

電子レンジで下ゆで

硬い野菜は、調理の前に電子レンジで加熱し、軽く火を通しておくと、調理時間を短縮できます。

冷凍野菜とカット野菜のイラスト

野菜料理レシピ集

東京都南多摩保健所ホームページでは、野菜が70gとれる野菜料理レシピを紹介しています。あと一品、野菜料理が欲しい時にご活用ください。

このページに関するお問い合わせ

健康福祉部 健康課
直通電話:042-581-4111
ファクス:042-583-2400
〒191-0011
東京都日野市日野本町1丁目6番地の2 生活保健センター
健康福祉部健康課へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。