日野市食べること飲み込むこと(摂食嚥下)機能支援推進事業

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます
このページの情報をラインでシェアできます

ページID1004914  更新日 令和1年10月28日

印刷 大きな文字で印刷

日野市では、食べること飲み込むことの機能に何らかの障害をもっている方や将来においてその可能性のある方が、自身の口で食べる生活を確保し、生活の質を向上させ、健康寿命の延伸を図ることを目的として、「食べること飲み込むこと(摂食嚥下)機能支援推進事業」の取り組みを進めています。

日野市では、食べること飲み込むことの機能に何らかの障害をもっている方や将来においてその可能性のある方が、自身の口で食べる生活を確保し、生活の質を向上させ、健康寿命の延伸を図ることを目的として、「食べること飲み込むこと(摂食嚥下)機能支援推進事業」の取り組みを進めています。

目的

  • 市民一人ひとりが摂食嚥下の機能を正しく認識できるように周知することで、生活の質を改善し健康の維持・向上を図る。
  • 摂食嚥下障害を有する方に対し、適切な医療サービスにつなげる体制をつくる。

目標

  • 摂食嚥下の意味や機能等の正しい知識を市民や地域関係者に情報発信し、摂食嚥下の認知度の向上を図る。
  • 地域関係者をメンバーとする協議会を設置し、適切な医療につなげる多職種連携による支援体制を構築する。

日野市ひのカメカメごっくん大作戦 日野市摂食嚥下機能支援連携システム

市内にお住いの65歳から74歳の方に対し「日野市国保特定健康診査」の通知に摂食嚥下チェックリーフレットを同封しています。チェックリーフレットをご自身で確認し摂食嚥下機能の低下に心配を感じた方には、担当地区の地域包括支援センター等にご相談いただき適切な支援につなぎます。

日野市摂食・嚥下機能支援推進協議会まとめ

平成27年度に日野市摂食・嚥下機能支援推進協議会を立ち上げ、市民・関係者を対象とした摂食・嚥下基礎調査により日野市の課題を明らかにし、課題解決のために3つの分野(周知・啓発、連携システム、地域嚥下調整食)について検討を進めてまいりました。本冊子は、3年間の取り組みのまとめです。

Adobe Readerのご案内

PDFファイルをご覧いただくには、「Adobe(R) Reader(R)」が必要です。お持ちでない方はアドビシステムズ社のホームページ(新しいウィンドウ)からダウンロード(無料)してください。

プリントサービスのご案内

ご自宅にプリンタなどの印刷機器をお持ちでない方は、お近くのコンビニエンスストアなどのプリントサービスを利用して申請書等を印刷することができます。詳細はプリントサービスのご案内ページをご覧ください。

このページに関するお問い合わせ

健康福祉部 健康課
直通電話:042-581-4111
ファクス:042-583-2400
〒191-0011
東京都日野市日野本町1丁目6番地の2 生活保健センター
健康福祉部健康課へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。