日野市の食べること・飲み込むこと(摂食嚥下)への取り組み

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます
このページの情報をラインでシェアできます

ページID1003888  更新日 令和1年10月4日

印刷 大きな文字で印刷

日野市では、食べること飲み込むこと(摂食嚥下)の支援に取り組んでいます

みなさんは、しっかり噛んでむせずに飲み込めていますか?実は病気や加齢などが原因で、噛むことや飲み込むことが困難になる場合があります。特にオーラルフレイル※という状態になると、全身の健康に影響を与えます。歯周病やむし歯を放置すると口の中の機能が低下し、滑舌が悪くなったり、食べることができないものが増えたりします。この状態が続くと口から食べる楽しみを奪われ、生活の質を損なうばかりでなく、低栄養、脱水、誤嚥性肺炎(口の中に存在する細菌が唾液や胃液と共に肺に流れて生じる肺炎)、窒息等、重大な疾患の原因にもなります。周囲や自分自身で早めに気づいて、歯・口の機能を回復させることが大切です。

※オーラルフレイル:歯・口の機能の低下を表す新しい考え方で、歯・口の機能が衰えていくこと。

平成27年度より日野市では「食べること飲み込むこと(摂食嚥下)機能支援事業」を開始しています。

事業の経過は下記リンク先をご確認ください。

下記から、摂食嚥下のリスクが確認できるチェックリーフレット「ひのカメカメごっくんシート」がダウンロード可能です。

ひのカメカメごっくんシート

Adobe Readerのご案内

PDFファイルをご覧いただくには、「Adobe(R) Reader(R)」が必要です。お持ちでない方はアドビシステムズ社のホームページ(新しいウィンドウ)からダウンロード(無料)してください。

プリントサービスのご案内

ご自宅にプリンタなどの印刷機器をお持ちでない方は、お近くのコンビニエンスストアなどのプリントサービスを利用して申請書等を印刷することができます。詳細はプリントサービスのご案内ページをご覧ください。

このページに関するお問い合わせ

健康福祉部 健康課
直通電話:042-581-4111
ファクス:042-583-2400
〒191-0011
東京都日野市日野本町1丁目6番地の2 生活保健センター
健康福祉部健康課へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。