餅による窒息事故に注意しましょう

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます
このページの情報をラインでシェアできます

ページID1010532  更新日 平成30年12月12日

印刷 大きな文字で印刷

高齢者は特に注意!

年末年始は、高齢者が餅をのどに詰まらせて窒息する事故が多く発生します。高齢になると、噛む力や飲み込む力が低下するため、特に注意が必要です。以下の点に注意して、窒息事故を防ぎましょう。

  • 餅は小さく食べやすい大きさに切って食べる。
  • お茶などで、口やのどを潤してから食べる。
  • 急いで飲み込まずに、ゆっくりとよく噛んで食べる。

また、高齢者が餅を食べる際は、できるだけ家族や周囲の人が食べる様子を見守りましょう。

 

餅のイラスト

日野市では、食べること飲み込むこと(摂食嚥下)の支援に取り組んでいます。

関連リンク

消費者庁

東京消防庁

このページに関するお問い合わせ

健康福祉部 健康課
直通電話:042-581-4111
ファクス:042-583-2400
〒191-0011
東京都日野市日野本町1丁目6番地の2 生活保健センター
健康福祉部健康課へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。