ブレスト・アウェアネス

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます
このページの情報をラインでシェアできます

ページID1015290  更新日 令和2年9月7日

印刷 大きな文字で印刷

ひのった健康NOTEは、日野市健康課公認キャラクター「ひのった」達が「ベリーさん」に健康に関する話を教えてもらうページです。

ひのったの妹ひのみ 
「乳がんにかかる人ってどのくらいいるんですか?」

ベリーさん 
「乳がんにかかる人は年々増えていて、今は、女性の9人に1人が乳がんにかかっています」

ひのみ 
「えっ! つい数年前は11人に1人だったのに、今は9人に1人になってしまったんですか!?
 最近は若い人も乳がんにかかったという話をよく耳にしますし、他人事ではないですね」

ベリーさん 
「ひのみさん、ブレスト・アウェアネスを知っていますか?」

ひのみ 
「はい! 日ごろから自分の乳房に関心を持ち、意識して生活することですね。
 乳がんの早期発見・診断・治療につながる、女性にとって非常に重要な生活習慣ですよね」

ベリーさん 
「その通りです。そのために、次の4つを実践しましょう。

 1.日ごろから自分の乳房を、見て、触って、感じて、正常な状態を知りましょう(セルフチェック)

 2.気を付けなければいけない乳房の変化を知りましょう

  • 見た目の変化:皮膚のひきつれ、ただれ、くぼみなど
  • 触った変化 :しこり、これまでなかった左右差など
  • 乳頭の分泌物:赤や茶褐色の血性の分泌物

 3.乳房の変化を自覚したら、すぐに医療機関を受診しましょう

 4.40歳になったら、定期的に乳がん検診を受診しましょう

 定期的な検診と、違和感があったらすぐに医療機関を受診して医師に相談することが大切です。」

ひのみ
「普段の自分の乳房の状態を知っておくことって、大切ですね。
 セルフチェックも、お風呂や着替えの時に気軽にできるといいかもしれません!
 ブレスト・アウェアネスを心がけることで、自分の乳房への意識が高まって、変化に気づけそうです」

 


今回のまとめ

(1)日頃から、自身の乳房に関心を持ち、セルフチェックで変化に気づいたら医療機関を受診しましょう。
(2)40歳になったら、定期的に乳がん検診を受けましょう。

イラスト:乳ピンク

Adobe Readerのご案内

PDFファイルをご覧いただくには、「Adobe(R) Reader(R)」が必要です。お持ちでない方はアドビシステムズ社のホームページ(新しいウィンドウ)からダウンロード(無料)してください。

プリントサービスのご案内

ご自宅にプリンタなどの印刷機器をお持ちでない方は、お近くのコンビニエンスストアなどのプリントサービスを利用して申請書等を印刷することができます。詳細はプリントサービスのご案内ページをご覧ください。

このページに関するお問い合わせ

健康福祉部 健康課
直通電話:042-581-4111
ファクス:042-583-2400
〒191-0011
東京都日野市日野本町1丁目6番地の2 生活保健センター
健康福祉部健康課へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。