冬の感染症

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます
このページの情報をラインでシェアできます

ページID1010388  更新日 令和1年11月15日

印刷 大きな文字で印刷

ひのった健康NOTEは、日野市健康課公認キャラクター「ひのった」達が「ベリーさん」に健康に関する話を教えてもらうページです。

ひのった
「そろそろインフルエンザが流行る時期だね。」

ベリーさん 
「今年は例年に比べて流行時期が早まっています。予防の一つの方法は、予防接種を受けることです。インフルエンザワクチンは感染後に発病する可能性を下げる効果と、感染した場合の重症化予防に有効と言われています。」

ひのった 
「今から受けても間に合うかな?」

ベリーさん 
「予防接種による効果は、接種後2週間~約5カ月ほど持続するので、遅くても12月中旬までに接種を受けるとよいと言われています。また、栄養と休息を十分にとり免疫力を高めて室内では加湿と換気をし、咳エチケットや手洗いを行い、基本的な感染症予防もしましょう。」

 


今回のまとめ

(1)インフルエンザ予防には基本的な感染予防と予防接種。
(2)予防接種は12月中旬までに受けましょう。

このページに関するお問い合わせ

健康福祉部 健康課
直通電話:042-581-4111
ファクス:042-583-2400
〒191-0011
東京都日野市日野本町1丁目6番地の2 生活保健センター
健康福祉部健康課へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。