介護資格取得費に対する補助について

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます
このページの情報をラインでシェアできます

ページID1008685  更新日 令和2年5月1日

印刷 大きな文字で印刷

市内で働く介護職員の方のキャリアアップを支援するため、介護資格を取得するために必要となる研修受講料やその他の費用を補助します。

郵送でも申請可能です。

ページ下部の申請書をダウンロードし、必要書類を添付の上、高齢福祉課介護給付係までご郵送ください。

補助内容及び補助金額

下記の1から5における費用を上限額内で全額補助します。

ただし、就労している勤務先から補助金の対象となる経費について一部補助を受けている場合は、その額を控除した額とします。

※収入印紙代金は補助対象外となります。

※本補助金は予算の範囲内での交付となります。

※申請・支払いのスケジュールは下記のとおりです。
 (1)4~7月までの申請・・・9月に支払予定
 (2)8~11月までの申請・・・1月に支払予定
 (3)12~3月までの申請・・・5月に支払予定

1 介護職員初任者研修課程等受講料

 研修に係る受講料(テキスト代、実習に要した費用等を含む。)として、100,000円を上限とし、全額補助。ただし、1,000円未満の端数は切捨て。

2 介護福祉士実務者研修受講料

 研修に係る受講料(テキスト代、実習に要した費用等を含む。)として、150,000円を上限とし、全額補助。ただし、1,000円未満の端数は切捨て。

3 介護福祉士資格取得費

 介護福祉士受験対策講座の受講料(テキスト代、模試の費用等を含む。)、介護福祉士受験手数料、介護福祉士登録手数料及び介護技術講習の受講料として、113,000円を上限とし、全額補助。ただし、1,000円未満の端数は切捨て。なお、合格した国家試験の試験日の属する年度の4月1日以後に支出したものに限る。

※介護技術講習を受講していない方は、60,000円を上限とし、全額補助。ただし、1,000円未満の端数は切捨て。

4 介護支援専門員資格取得費

 介護支援専門員実務研修受講試験受験対策講座の受講料(テキスト代、模試の費用等を含む。)、介護支援専門員実務研修受験手数料、介護支援専門員実務研修受講料、介護支援専門員登録申請手数料、介護支援専門員証交付手数料として、164,000円を上限額とし、全額補助。ただし、1,000円未満の端数は切捨て。

5 介護支援専門員再研修受講料

介護支援専門員再研修受講料として、28,000円を上限額とし、全額補助。ただし、1,000円未満の端数は切捨て。

補助対象者

下記(1)~(2)を満たす方が補助を受けることができます。

ただし、国、都、他の地方公共団体、公益団体等から同種の補助金等を受けている場合は、補助を受けることができません。

(1)研修修了または資格を取得後、3カ月以内に日野市内の介護事業所に勤務している方

(2)その後3カ月間継続して就労している方(就労形態にかかわらず3カ月間で従事時間が60時間を超えている方)

※「就労」とは、同一の日野市内事業所において継続することを要せず、期間を連続して複数の日野市内事業所において就労する場合を含む。

※介護福祉士実務者研修の受講料を申請する方は、上記(1)(2)のほかに、3年以上介護等の業務に従事している方が対象です。

申請期間

補助対象者の要件を満たした日の属する月の翌月の初日から6カ月以内

(例)要件を満たした日が4月1日から4月30日までであれば、5月1日から申請開始となり、10月31日が申請期限となります。

申請方法

「介護資格取得費補助金交付申請書」及び添付書類を添えて、郵送または持参により日野市高齢福祉課介護給付係までご提出ください。

申請書様式

 

(注意)

・消せない黒いボールペンで記入してください。

・申請書の「就労先証明欄」には代表者の印鑑を押印してください。

・金額は訂正印等で修正ができませんので、ご注意ください。

申請に必要な添付書類

1 介護職員初任者研修課程等受講料

(1)研修を修了したことを証明する書類(研修を行った者が交付したものに限る。)

(2)「研修修了後おおむね3カ月以内に、日野市内事業所に訪問介護員またはこれに準じる者として就労を開始し、その後3カ月以上継続して就労していること」(※就労形態にかかわらず、従事時間が3カ月間で60時間を超えている場合に限る。)を証明する書類。(=第1号様式の1)

(事業者が上記であることを申請書において証明する場合は、添付は要しない。)

(3)領収証(領収証の宛名は補助金の交付を受けようとする方に限る。)

2 介護福祉士実務者研修

(1)研修を修了したことを証明する書類(研修を行った者が交付したものに限る。)

(2)「研修修了後おおむね3カ月以内に、日野市内事業所に訪問介護員またはこれに準じる者として就労を開始し、その後3カ月以上継続して就労していること」(※就労形態にかかわらず、従事時間が3カ月間で60時間を超えている場合に限る。)を証明する書類。(=第1号様式の1)

(事業者が上記であることを申請書において証明する場合は、添付は要しない。)

(3)領収証(領収証の宛名は補助金の交付を受けようとする方に限る。)

(4)3年以上介護等の業務に従事したことがわかるもの(参考様式として「実務経験申出書」を下記に掲載しますので、必要に応じてお使いください。)

3 介護福祉士資格取得費

(1)介護福祉士登録証の写し

(2)「介護福祉士試験に合格し、合格の発表から3カ月以内に登録を受け、登録後おおむね3カ月以内に、日野市内事業所に訪問介護員またはこれに準じる者として就労を開始し、その後3カ月以上継続して就労していること」(※就労形態にかかわらず、従事時間が3カ月間に60時間を超えている場合に限る。)を証明する書類。 (=第1号様式の2)

(事業者が上記であることを申請書において証明する場合は、添付は要しない。)

(3)領収証(領収証の宛名は補助金の交付を受けようとする方に限る)

(4)介護技術講習を受講した方は、その修了証明書の写し

4 介護支援専門員資格取得費

(1)介護支援専門員証の写し

(2)「介護支援専門員実務研修受講試験に合格し、介護支援専門員実務研修の課程を修了した者で、その後3カ月以内に都道府県知事の登録を受けたものであること。加えて登録後おおむね3カ月以内に、日野市内事業所に介護支援専門員として就労を開始し、その後3カ月以上継続して就労していること」(※就労形態にかかわらず、従事時間が3カ月間に60時間を超えている場合に限る。)を証明する書類。(=第1号様式の3)

(事業者が上記であることを申請書において証明する場合は、添付は要しない。)

(3)領収証(領収証の宛名は補助金の交付を受けようとする方に限る)

5 介護支援専門員再研修受講料

(1)研修を修了したことを証明する書類(研修を行った者が交付したものに限る。)

(2)介護支援専門員証の写し

(3)「介護支援専門員証の交付を受けるための再研修を終了し、その後3カ月以内に介護支援専門員証の申請を行い、交付を受けていること。加えて登録後おおむね3カ月以内に、日野市内事業所に介護支援専門員として就労を開始し、その後3カ月以上継続して就労していること」(※就労形態にかかわらず、従事時間が3カ月間に60時間を超えている場合に限る。)を証明する書類。(=第1号様式の3)

(事業者が上記であることを申請書において証明する場合は、添付は要しない。)

(4)領収証(領収証の宛名は補助金の交付を受けようとする方に限る)

 

補助金交付の流れ

下記の手順により入金します。

1 補助金交付申請

「介護資格取得費補助金交付申請書」及び添付書類を日野市に提出してください。

2 補助金交付決定

日野市より、交付決定の通知をお送りします。

3 補助金入金

支払い予定月になりましたら、ご指定の口座に入金します。

Adobe Readerのご案内

PDFファイルをご覧いただくには、「Adobe(R) Reader(R)」が必要です。お持ちでない方はアドビシステムズ社のホームページ(新しいウィンドウ)からダウンロード(無料)してください。

プリントサービスのご案内

ご自宅にプリンタなどの印刷機器をお持ちでない方は、お近くのコンビニエンスストアなどのプリントサービスを利用して申請書等を印刷することができます。詳細はプリントサービスのご案内ページをご覧ください。

このページに関するお問い合わせ

健康福祉部 高齢福祉課 介護給付係
直通電話:042-514-8519
代表電話:042-585-1111
ファクス:042-583-4198
〒191-8686東京都日野市神明1丁目12番地の1 日野市役所2階
健康福祉部高齢福祉課へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。