日野市のオリンピック・パラリンピックに向けた取組み

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます
このページの情報をラインでシェアできます

ページID1003165  更新日 平成30年5月24日

印刷 大きな文字で印刷

オリンピック・パラリンピックのレガシー創出に向けた日野市の考え方と取り組み

3つのレガシー(スポーツ、人づくり、おもてなし)を創出し、主要3戦略の目指す2040年のまちの姿「可能性に満ちた未来」の実現を図ります。※第5次日野市基本構想・基本計画(2020プラン)後期基本計画

「スポーツ」の取り組み

トップアスリート等を招き、市民との交流イベントや障害者スポーツの振興事業により、スポーツを「する」「観る」「支える」市民の増加に向けた取り組みを図ります。

「人づくり」の取り組み

スポーツボランティアの養成などにより、地域の課題解決に自ら考え行動する市民の増加に繋がる取り組みを進めます。

「おもてなし」の取り組み

今後増加が見込まれる海外からの訪問客を迎えるため、外国人に特化したホームページや観光サインの整備などを進めます。

レガシー

東京2020大会を契機に、成果を未来につなげるための取り組み。後世に残され、未来に引き継がれる財産。

東京大会(1964年)の代表的なレガシー

  • 東海道新幹線、首都高
  • 衛星放送技術
  • 国立競技場、代々木体育館
  • 体育の日 など

オリンピック・パラリンピック機運醸成事業

トップアスリート育成教室や障害者スポーツ体験教室などの通年事業をはじめ、オリンピック・パラリンピックの開催機運を盛り上げる各種イベントを開催します。

東京2020参画プログラム

東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会は、東京2020大会を一過性のイベントとするのではなく、出来るだけ多くの人が参画し、あらゆる分野で東京2020大会がきっかけとなって社会が変わったと言われるような大会を目指しています。

東京2020大会の大会ビジョンのもと、スポーツだけではなく、文化芸術や地域での世代を越えた活動、被災地への支援など、大会機運醸成とその先のレガシー創出に向け、8つのテーマのもと実施するイベントや事業を「東京2020参画プログラム」として組織委員会が認証しています。

8つのテーマ

  • スポーツ・健康
  • 街づくり
  • 持続可能性
  • 文化
  • 教育
  • 経済・テクノロジー
  • 復興
  • オールジャパン・世界への発信

日野市の東京2020参画プログラム一覧(認証順)

  テーマ イベント名 概要 期間 会場
1 スポーツ・健康

運動習慣スタートアップ

・オリンピックの盛り上げに向けた、カラダづくり

運動習慣のない方も気軽に運動をスタートできる場を提供することで、市民の健康増進を図る。

  • 運動指導員が個別相談や実技指導を行う
  • 家庭で実践しやすいレッスンも実施
  • 運動効果を確認するため体力測定を行い、運動継続のモチベーションをあげる
  • 運動習慣がついた方には既存の体操教室等を紹介

2017年4月1日(土曜)から2020年12月31日(木曜)

日野市健康サポートルーム「輝(かがやき)」
2 スポーツ・健康 新選組チャンバラ合戦 スポンジ製の刀で相手の腕についた玉を落とす簡単なルールのチャンバラ合戦。ラストサムライである新選組になぞらえた合戦競技で頂点を目指すアスリート体験とともに侍の疑似体験することによって市の歴史と関連が深い「新選組」に関心を持っていただき、「新選組のふるさと日野」の認知度向上、後世への継承を目指す。 2017年5月14日(日曜) 日野第一小学校
3 スポーツ・健康 トップアスリートが教える上手な泳ぎ方 トップアスリートによる水泳教室。
ワンポイントレッスン、タイム計測、実技指導などを通して水泳が上達する楽しさやトップアスリートのすごさを体験することで水泳をはじめとするスポーツに対する関心を高め、スポーツ実施率の向上、東京2020大会の機運醸成につなげる。
2017年8月19日(土曜) 日野市民プール
4 持続可能性 浅川アユまつり 日野市は緑と清流のまち。市内を流れる美しい河川が、将来にわたってかけがえのない存在であり続けることを目指すイベント。釣りや魚とりをすることの楽しさ、川魚の美味しさを体感する機会を作ることで市内外の多くの方々に河川の魅力や自然の大切さを伝えるとともに、アユの伝統漁法やアユ料理を後世に継承していく。 2017年8月13日(日曜) 浅川ふれあい橋付近
5 文化

新選組ってなんだろう2017

クイズで楽しむ新選組・幕末の謎を解き明かせ!!

全国的な知名度があり、海外からの注目も高まっている「新選組」について、新選組とは何なのか、何故日野は新選組のふるさとなのかなどをわかりやすく展示する。地域への理解と愛着を深め、自らの言葉で郷土を語ることができる次世代の育成や、市外・海外の方が東京・日野に注目するきっかけになることを目指す。 2017年7月15日(土曜)から9月3日(日曜) 新選組のふるさと歴史館
6 スポーツ・健康 パラリンピック種目体験イベント パラリンピック種目であるブラインドサッカーのデモンストレーションや体験会を通し、ブラインドサッカーをはじめとする障害者スポーツに対する関心を高め、スポーツ実施率の向上、東京2020大会の機運醸成につなげる。障害者と健常者が一緒に参加する「みんなといっしょの運動会」と同時開催 2017年10月1日(日曜) 中央大学第1体育館アリーナ
7 スポーツ・健康 日野市スポーツボランティア 東京2020大会に向けて、スポーツボランティアの登録制度を創設し、地域スポーツ振興事業に協力するボランティアの登録及び活用を行う。また、障がいスポーツ選手等を招いてスポーツボランティアの養成講座を開催する。これらにより地域スポーツの振興ひいては地域社会を支えるボランティア人材の育成を図る。 2017年11月1日(水曜)から2018年10月31日(水曜) 市内各体育施設ほか
8 教育 【投票宣言】日野市は、投票に参加します 日野市は市内全小学校にマスコット投票を呼びかけます 2017年12月4日(月曜)から2018年2月22日(木曜) 市内全小学校
9 スポーツ・健康 第7回日野市ロープジャンプ!小学生大会 大縄跳び(ロープジャンプ)の取組みを通じて跳び方を学び、チームワークを育みながら運動能力の向上を図り、スポーツの楽しさを実感することを目的に、本大会を実施する。市内の小学生が一堂に集まり、跳んだ人数や回数等をカウントし、エントリーした48チームが入賞を目指す。 2018年2月24日(土曜) 日野市市民の森ふれあいホール
10 文化 第11回 新選組書展 新選組を象徴する文字・言葉を筆で書く書道のコンクール。小学生以上であれば誰でも参加でき、障がい者、外国人を含む様々な人々からの応募がある。今回の課題は新選組の旗印「誠」、ゆかりの地「箱館(函館)」、新選組隊士井上源三郎の手紙の一節から「右土方両君もよろ敷願上候」の3点。 2018年3月1日(木曜)から4月8日(日曜) 新選組のふるさと歴史館

東京2020大会参画プログラムの詳細 

ボランティア関連

外国人おもてなし語学ボランティア

「外国人おもてなし語学ボランティア」は、困っている外国人を見かけた際などに、簡単な外国語で声をかけ、手助けをしていただくボランティア。具体的な活動場所や日時の指定はなく、普段の生活の中で行うボランティアです。
東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会の開催を見据え、外国人観光客等が安心して東京に滞在できる環境を整えるため、東京都が2019年度までに5万人の育成を目指しています。※2020年の大会期間中に競技会場等で活動するボランティアとは異なります

都内各地で実施される「外国人おもてなし語学ボランティア」育成講座(無料)の修了者が、本ボランティアとして登録されます。

東京都で開催する「外国人おもてなし語学ボランティア」育成講座の予定

市内で開催する「外国人おもてなし語学ボランティア」育成講座(平成29年度)

日時 会場 対象 募集
1

5月9日(火曜日)・午後2時から午後5時30分

5月16日(火曜日)、23日(火曜日)・午前10時から午後3時30分

※3日間の講座

市民の森ふれあいホール 初級程度の英語力で全回に参加可能な市内在住・在勤・在学者※高校生以上 終了しました
2

9月30日(土曜日)・午後2時から午後5時30分

10月21日(土曜日)、28日(土曜)・午前10時から午後3時30分

※3日間の講座

市民の森ふれあいホール 初級程度の英語力で全回に参加可能な市内在住・在勤・在学者※高校生以上

終了しました

3 1月20日(土曜日)午後1時30分から午後5時 イオンモール多摩平の森 イオンホール

英語での日常会話ができる(概ね英検2級程度以上)市内在住・在勤・在学者※高校生以上

終了しました

スポーツボランティア

平成27年5月に「日野市スポーツ推進計画」を策定し、市民が「支える」スポーツへの取り組みの一つとして、平成28年度からスポーツボランティアの育成を進めています。

市民向け「スポーツボランティア講習会」を開催し、年齢や性別を問わず、誰でも気軽に参加できるような機会の創出を目指し、参加の機会を多く提供できる市内のスポーツイベントへのボランティア活動につなげていきます。

東京2020大会 ボランティア関連情報

東京2020大会関連情報リンク

このページに関するお問い合わせ

企画部 企画経営課
直通電話:企画係 042-514-8047 経営係 042-514-8069
代表電話:042-585-1111
ファクス:042-581-2516
〒191-8686
東京都日野市神明1丁目12番地の1 日野市役所4階
企画部企画経営課へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。